苫小牧総鎮守 樽前山神社ホームページ



樽前山
霊峰「樽前山」




樽前山神社御本宮

樽前山神社の近況をお知らせします。 公式フェイスブックページはこちら


例大祭 /  年中行事 /  奥宮・境内社 /  各種祈願 /  出張祭典

家庭のおまつり /  スカウト団 /  雅楽会 國學院大學 院友会 /  地図・交通 /  リンク集



由  緒
霊峰樽前山に対する信仰は古く、山麓に神祠(ほこら)を設けて祀ったのが始めといわれておりますが、明治8年に明治天皇の勅命により祭神「大山津見神(おおやまつみのかみ)」に加わうるに「久々能智神(くくのちのかみ)」「鹿屋野比売神(かやのひめのかみ)」三神が定められ、山麓より町の中心地に御奉遷、この地の総鎮守郷社として奉斎されました。爾来、苫小牧地域の開発発展に御神徳著しく、昭和11年には県社(旧社格)に昇格し、道内屈指の名社に数えられるに至りました。また、昭和61年には「別表神社」(別表に掲げられる神社道内6番目)に列せられました。畏くも年号改まり、平成の御代御大典事業として新社殿の移転御造営により、矢代町より高丘(薪炭ビリン山)の地に平成4年7月14日に御移遷御鎮座となりました。

御 祭 神
大山津見神おおやまつみのかみ山霊。山を司る神
久々能智神くくのちのかみ木霊。木々を司る神
鹿屋野比売神かやのひめのかみ草霊。原野を司る神
伊邪那岐神(いざなぎのかみ)、伊邪那美神(いざなみのかみ)の二神が大八洲国(おおやしまのくに。日本の国土)を生成されたのちにお生みになられた神々をおまつりしています。







樽前山神社の祭り
例  大  祭
7月14日 宵宮祭 子供神輿入魂・宵神輿渡御・神賑行事
7月15日 本 祭 例大祭・神賑行事
7月16日 後日祭 神幸祭・海上渡御・神賑行事
例大祭の花形は何といっても御輿(みこし)です。
 半纏姿の担ぎ手の声も勇ましき担ぎ御輿を中心に、お供につきし老若男女・稚児の姿も可愛げに、静や静々と歩き行くは平安絵巻再現の観があります。
 余勢かっての夜御輿は掛け声も威勢よく、夜の街、町巷に染み通ります。
 また、港湾都市にふさわしく、御座船と大漁旗をなびかせお供する漁船(随船)を従えての海上渡御も壮観です。
 境内狭しと居並ぶ露店は400余、祭り気分は最高潮に、三日間、神社を中心としての賑わいに加えて、各町内会も子供みこしがお祭りに賑わいを添えます。
祭  事  暦
1月 1日 歳旦祭 年の初めに、国の平安と隆昌、国民の幸福を祈ります。
3日 元始祭 宮中の仕事始めを寿ぎ、執り行われます。
15日 どんど祭 お正月にお祀りしました歳神様とお正月飾りを焼納することによっ て、炎と共に見送るといわれる神事で、その火や煙にあたることによってその年一年を息災に過ごせ、書き初めを燃やせばさらに書が上達するともいわれております。
2月 立春の前日 節分祭
(追儺の儀)
「節分」は本来、季節が変わるとの意で、立春・立夏・立秋・立冬の前日を指 しています。とくに立春は1年の初めと考えられ、したがって節分は大晦日にあたり、前年の邪気(鬼)を祓うという意味をこめ、追儺(ついな)の行事が行われます。
11日 紀元祭 建国記念日
17日 祈年祭 田植の時期・農耕始めに当たり、農作物の五穀豊穣を祈ります。
3月 中旬 匠祭
(旧事始め祭)
建築・土木の仕事始め、諸工事の安全を祈ります。
春分の日 樽前山神社
信徒榊葉会
春季合同祖霊祭
信徒会の御祖先を慰霊します。
5月 1日 かえる様縁日祭 かえる様(境内社)に新しい絵馬を奉納します。
10日 緑化祭 造園組合のお祭り
6月 初旬 青葉祭
12日
樽前山山開祭 山開きシーズンに先立ち、山頂の奥宮に登拝。山の静寂、国の平安と隆昌、我が郷土の弥栄、市民の幸福を祈ります。(苫小牧市観光協会の主催にて市民登山)
30日 大祓式(夏越の大祓) 茅の輪くぐり神事。半年間の様々な罪・穢れ・災厄を祓います。
7月 14日〜16日 例大祭 上記にて説明しております
9月 第1日曜日 聖徳神社大祭 建築業の守り神である聖徳神社のお祭り
10日 稲荷神社敬神講社大祭 衣食住・産業の神様お稲荷さまのお祭り
秋分の日 樽前山神社
信徒榊葉会
秋季合同祖霊祭
信徒会の御祖先を慰霊します。
10月 12日 樽前山山納祭 山閉いシーズンに先立ち、山頂の奥宮に登拝。山の静寂、国の平安と隆昌、我が郷土の弥栄、市民の幸福を祈ります。(苫小牧市観光協会の主催にて市民登山)
11月 3日 明治祭
(文化の日)
明治天皇誕生日
23日 新嘗祭
(勤労生産感謝祭)
農作物の収穫を始め、産業の振興そして勤労に対し感謝する祭り。神前には収穫された農作物を始め、産業の各種製品並びに取り扱いの品々が奉献されます。
12月 23日 天長祭 天皇陛下の御生誕の日をお祝いし、皇室の無窮を祈ります。
31日 大祓式
(年越しの大祓)
半年間(7〜12月)心についた様々な罪、けが、けがれ、悪しき事、災厄を祓いやり心身ともに清々しく新年を迎える神事。
31日 除夜祭 一年間の感謝の祈りを捧げ、輝ける新しい年の訪れを祈ります。

毎月 1日・15日 月次祭 樽前山神社
10日 月次祭 稲荷神社
22日 月次祭 聖徳神社
25日 月次祭 樽前天満宮






TOP

樽前山神社の奥宮・末社
樽前山奥宮
樽前山は往古より秀麗なる尊容から山そのものを神山・神体と仰ぎ、あるいは山嶺を神おわします崇高なる霊域と仰ぎ、祭祀を厳修してまいりました。
 その山頂には昭和3年、御大典を記念して木造社殿の御造営がなりました。同27年8月10日、コンクリート造堂宇に造り替え、神霊を奉斎、今日に至ります。
 山開き祭(毎年6月第2日曜日)、山納め祭(10月第1日曜日)には、多数の登山者参列の下に、街の発展、人々の福、山の平穏、登山者の安泰の祈願祭が執り行われています。
「とまこまい」並びに「樽前山」について
「苫小牧(とまこまい)」の地名
 トマコマイという地名は非常に新しく、幕末になってからトフマコマイ、トウマコマイと地図上や絵画に現れるようになりました。
 それまではこの辺一帯も「マコマイ(マク・オマ・ナイ)」(陰にある川)といっていたようで、最初にトマコマイとしたのは松浦武史郎でした。
 その後、止麻古前、苫小前、トマコ舞、苫細などという漢字を当てた文献、地図が見られますが、明治5年5月、勇払に開拓使勇払郡出張所が設置されてからは、「苫細」という文字に統一され、当時の公文書にはすべて苫細と書かれています。胆振国勇払郡字苫細というのが正式な地名でした。
 明治6年9月27日、勇払郡出張所が苫細に移転し、勇払郡の中心は苫細となりました。苫細から苫小牧と書き改められたのは、文献では明治7年8月23日となっていますが、その理由については記されていません。
樽前山(たるまえさん) 1,042メートル
 千歳市との境界にある三重式火山で、アイヌ語では「タオロ・マイ・エトコ・ヌプリ」(樽前川の水源の山)と呼びました。
 明治42年の大噴火で円頂丘が形成され、高さ105メートル、径450メートルのドームは火山学会上世界的に知られ、天然記念物に指定されています。
末社の紹介
稲荷社
宇迦之御魂神
(伏見稲荷系列)
明治8年樽前山神社が御奉遷の折り、小さな祠として一緒に移されたといわれています。衣食住を司り、産業殖産、商売繁盛の御利益ありといわれます。
天満社
菅原道真公
昭和61年に樽前山神社が別表社に加えられたのを記念し、学問の向上、郷土の教育・文化の振興を祈り、九州の太宰府天満宮より御分霊を戴き御奉斎御創建となりました。正月参拝、受験シーズンには祈りを捧げる参拝者で賑わいます。
かえるさん 昭和の初め、誰かは定かではありませんが、必死の願いを石造りのかえるに込め、奉納され、鎮座ましましたのがその始まりで、いまでは神社参拝の折に水を掛け、願いが叶うようにと祈る姿しきりです。
布袋(ほてい)さん 唐代の禅僧。容貌は福々しく、体躯は肥大で、腹を露出し、常に袋のうを担って喜捨を求め、歩きました。世人は弥勒の化身と尊び、七福神の一つです。
聖徳神社
聖徳太子
建築・土木の祖神として苫小牧建築協会が奉斎しました。
昭和2年10月、太子堂として幸町に建立。昭和41年1月、聖徳神社として奉斎。平成8年9月、樽前山神社境内に移転し鎮座されました。







社頭祈願のご案内
人生儀礼及び祈願
神前結婚式 神前において、雅楽の音も雅やかに、巫女による乙女の舞に、人生の輝かしい出発に当たり、行き先幸多からん事の祈りを込める、荘厳優美な伝統の式であります。
神前での誓いも固く、苦楽を共にし、共白髪まで仲睦まじくを願い、心からなる祈りを捧げます。
安産祈願 妊娠五ヶ月目の戌の日 母の胎内に新しい生命が宿る事は真に喜ばしく、神様からの授かりものと感謝し、犬は安産に通じる故事に倣って、5カ月目の戌(いぬ)の日にお参りし、順調なる胎児の成長と安産を祈ります。
初宮詣 北海道では生後百日が一般的です  子供の無事誕生を感謝し、両親と共に参拝し、健やかなる成長を祈ります。
七五三詣 10月15日を中心に致します  男女ともに3歳は髪置き、男子5歳は袴着、女子7歳は帯直しと子供の成長過程の節目を寿ぎ、喜びの感謝を捧げ、今後の心身ともに健全なる成育を祈ります。
厄年祓 2月節分を中心に致します
本年厄年表へ
 男性25歳、42歳、61歳。女性19歳、33歳、37歳、61歳。この年齢は精神的にも不安定、肉体的にも変調を来しやすい年回りです。素直な心でお参りし、神のご守護と導きが戴けますよう祈ります。
(年齢は数え年で、生まれた年を1歳として加算して計算します)
車祓・交通安全祈願  自動車を購入したときはまず人も車もお祓いを受け、安全祈願を誓うとともに交通安全を祈ります。
家内安全祈願  家庭の平安と繁栄、家族の健康と幸福を祈ります。
会社安全祈願
病気平癒祈願
他にも様々な祈願がございますので、遠慮無くお問い合せ下さい 電話0144−36−6661

TOP







出張祭典のご案内
建築関係
地鎮祭(起工式) 建物の工事を始める前に土地の神様に報告ご挨拶を申し上げ、土地の堅固と工事の安全を祈ります。
上棟祭 建物に棟が上がったことを祝うとともに、工匠の神をお祭りし、建物の無事完成を祈ります。
新宅祓い・竣工祭 工事の完成を祝い、神棚をお祀りし、各部屋隅々をお清めし、感謝と平安を祈ります。
会社関係
開店清め祓い 開店、開所の新しい出発に当たり、店舗のお祓いをし、商売・事業の繁栄を祈ります。
事務所開き
造船関係
造船起工式 我が国は四方海に囲まれていることから、古来、船は生活に深い関わりを持ち、また身命を直接託するものであるが故に、とくに吉日を選んで行われます。「甲子、己巳、甲戌、庚辰、甲寅、辛未、戌辰」
造船進水式 船玉大神、産土大神をお祀りし、船の弥堅からむことを祈ります。
新年参り
船玉 新年の節目に当たり、御家庭の繁栄、漁業の安全と大漁を祈ります。
新年神棚祭 年の初めにあたり、御家庭または会社の安全と繁栄を祈ります。
他にも、様々な出張祭典を行っております。
申し込みは先ず電話にて日時の確認を願います。電話0144(36)6661







家庭のお祭り
神棚の祭り方
※他に特別に崇敬する神社の御札がおありになる場合は、竈三柱大神様の後ろにお祀りします
場所 居間などの団らんの場にまつります。
向き 南あるいは東に向くように。くぐる所、入り口の正面など、落ち着かないところは避けます。
※神棚の上に部屋がある場合は、半紙に「雲」と清書し、神棚の上の天井に張ります。
歳神様の祭り方
神棚や床の間など神聖な場所にて、松の内(お正月の7日間、又は15日)の間まつり、どんど焼きにて焼納します。







樽前山神社スカウト団
樽前山神社スカウト団とは?
 昭和52年10月に発団されましたボーイスカウト日本連盟苫小牧第2団・ガールスカウト北海道連盟第20団の両団からなり、樽前山神社を活動の拠点とすることから総称「樽前山神社スカウト団」と呼ばれております。
 活動はそれぞれの団に所属する隊・部門毎で主に行い、内容はキャンプを始め工作・体験学習など様々です。
対象年齢は?
 現在、ボーイスカウト・ガールスカウト共には幼稚園年長から高校生まで在籍しております。
活動日は?
 両団とも基本的には月に2〜3回程度土曜日に行っております。
見学のご案内
 興味の御座います方は先ずは活動(集会)日をお問い合せの上、是非お子様連れにて見学にお越し下さい。
お問い合せは樽前山神社社務所まで
電話0144(36)6661







樽前山神社雅楽会
樽前山神社雅楽会について

 「樽前山神社雅楽会」は平成14年頃に発会した「樽前山神社雅楽同好会」を前身とし、現在に至っております。会員は一般の方を中心とする構成となっており、御高齢の方から主婦など様々な方が参加しております。
 演奏活動(演奏会)は年に数回程度行いますが、他に樽前山神社の例大祭など大きな祭事には伶人(演奏者のこと)として祭典楽をご奉仕して頂いております。

練習日について
基本的に月4回程度で、夜に樽前山神社社務所にて練習会を行っております。
見学のご案内
興味の御座います方は先ずは練習日をお問い合せの上、是非見学にお越し下さい。
お問い合せは樽前山神社社務所まで
電話0144(36)6661

國學院大學苫小牧地区院友会
苫小牧地区院友会とは
平成3年に樽前山神社を事務局として創設された、國學院大學本学の卒業生(院友会)並びに滝川短期大学卒業生(ありす会)からなる同窓会で、主に苫小牧及び近郊の方を対象としております


交通のご案内
住所・電話
〒053−0035
北海道苫小牧市高丘6−49
電話0144−36−6661
苫小牧近郊図

大きな地図で見る

MapFan http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E141.36.28.4N42.39.31.4&ZM=8

ゼンリン http://www.its-mo.com/z-153570595-509789208-14.htm







リ ン ク 集
道内および全国の神社など
伊勢神宮
伊勢神宮式年遷宮広報本部
北海道神宮
函館八幡宮
住吉神社(小樽市)
上川神社
帯広神社
北海道神社庁
神社本庁
神道政治連盟
神道青年全国協議会
全国神社スカウト協議会
國學院大學
神社新報社
苫小牧市の関係機関など
苫小牧市公式ホームページ
苫小牧観光協会
苫小牧商工会議所
胆振支庁
北海道の公式ホームページ
氏子崇敬者のホームページなど
出光興産
王子製紙
グランドホテルニュー王子
苫小牧民報
北海道新聞


平安素材「綺陽堂」 ホームページ素材
時事問題など
斎藤吉久Webサイト

リンクについて
当ホームページは基本的にリンクフリーですが、その際はindex.htmlにリンク願います。
相互リンクをご希望の方は、お手数ですがお電話(0144−36−6661)にてお問い合せ下さい